top of page
検索
  • 執筆者の写真すずめや

いろをえらぼう

ゆびさき、二本だけ、爪に色をのせています

手しごとだし、すぐにはげたりよれたりしちゃうからお世話できる範囲の二本だけ。

なるたけちいちゃいのをかって、おわりかけにひとつ足すのですが、違う色をかったかとおもったのにお家に帰ったらおんなじやつでした。


おんなじいろ、違うようにみえていた。

やっぱり視野が変わった。


仕事のとき、よくみえるようにめがねをきつめに作って、いつしか日常までかけるようになって、くらしには必要ないほどよくみえるのがふつうになっていて

ここのところ、立て続けに持っていためがねが二つともなくなっちゃいました。


おけしょうの、いろをのせるいろいろを選ぶ浮かれた気持ちと、画材屋さんで絵の具を選ぶ浮かれたきもち。


視野を決める見えないさかいめ。

見えないのをいいことに、コントロールしてしまおう。

そうでなければまちなかでくらすのは、くるしい。

ってことに、無意識にそうしていたことに、そう、意識的に気づいてゆく昨今です。


最新記事

すべて表示

天変地異かも

人生の半分くらいを荒れた穴ぐらで過ごした。 穴ぐらではリュックを背負わされ、そこにたくさんの荷物が入って、たいへんに重たくなったけれども、とにかく進まなければ出口がないということだけを感じていて進んで進んだ。 そのときの荷物のなかの、もうもはやアイデンティティの一部と化したような硬くて重たいやつが、ほんとうは全然そんなんじゃなかったってことがわかった。 わたしはしあわせものだったのだ。 穴ぐらから

マリのソファ

きのうは次男坊と三男坊が長女マリのお気に入りだったソファにのぼって人間のおかずのお刺身をかっぱらおうとした。 もうしょうがないなあって言って小さく小さくお刺身を切ってあげた。 マリはすぐ人間のおかずをねだる猫だった。 このふたりはあんまりそういうことしない。 だから久しぶりにおかずを猫にあげた。 マリがここにいたのを、しっかりとした手触りとともに思い出した。 彼女が天国に行ったこと。 寂しいけど、

Comments


bottom of page